土地活用

長門市の農地を土地活用する際の注意点

投稿日:

長門市の農地を土地活用する際の注意点

長門市 土地活用 農地

長門市に限らず「農地」は、ほかの土地と比べ、活用するのが難しいと言われています。

それは何故なのでしょうか?

農地が持つ「問題点」について、まずはご紹介します。

①農地が持つ「問題点」

農地は、農業用途に限られる

そもそも長門市でも「農地」とは、農業に使われるべき土地を指します。

「農業に使えば、その土地は農地と呼ばれる」ということではありません。

農地は、農業に使わなければならないのです。

これが、最大の問題点です。

長門市の農地は、農業に使わなければならないので、

長門市でも農地を手に入れられるのは

・現在農家をしている人

・これから農業を始める人

など、農業関係者に限られます。

長門市含め全国には、ほかにも土地が欲しい人はいるはずなのに、

土地を譲れる人が限られてしまうのは、土地オーナー側としてはかなりの問題点ですよね。

さらに長門市で「農地を欲しい」と言ってくれる農業関係者がいたとしても、

実際に取得するためには、自治体の農業委員会の審査も必要です。

このような煩雑な手続きや許可が必要というのも、農地の土地活用を妨げている原因です。

つまり、長門市で農地を農地のまま残しておくと、土地活用はなかなか難しいということなのです。

農家ではない人が相続してしまい、扱いに困っている

長門市に限らず農地の土地活用の問題は、近年より如実になってきました。

一昔前までは、代々農家をやっているような一族も多くいました。

たとえ農地を相続しても、次の代の子どもも農家ですから、農業用途で使えば済んだのです。

しかし、最近では、農家を継がないケースも多くなりました。

農家ではない相続人が畑や田んぼを受け継いでしまうと、なかなか活用できないという事態に陥ってしまうのです。

こうした理由から、長門市でも耕作放棄地になってしまっている農地も少なくありません。

うまく活用すれば収益にも繋がる可能性のある土地を、

荒れ果てた状態にしてしまっているケースも多々あるのです。

②農地は、どう活用すればいいのか?in長門市

長門市で農地の土地活用について、なかなか難しいというのはお分かりいただけたかと思います。

では、どうすればうまく活用できるのでしょうか?

その方法を2つご紹介します。

農地を転用してから、農業以外の目的で活用する

長門市の農地を、農業用途に限って使い続けるというのはなかなか難しいものがあります。

しかし、土地を転用してしまえば、その土地はもう「農地」ではなくなります。

「農地」ではないということは、農業以外の用途で使ってもいいということになるのです。

ですから、

農業用途以外の、幅広い土地活用方法を利用するには、まず農地を「転用」することがポイントです。

 

転用を行うためには

・所有している長門市の農地が、転用できる農地区分にあること

・農業委員会へ農地転用の申請をすること

という条件があります。

 

さらに、農業委員会での農地転用申請のためには、

予め長門市での土地活用の目的がハッキリしていなければなりません。

加えて、転用後はその目的を達成しなくてはならないのです。

・具体的な転用目的(長門市の駐車場にしたい、資材置き場にしたい…等)

・転用後の事業計画や、その資金調達の実現性

・転用後の目的達成

これらを示すことができないと、農地の転用は認められません。

こういった条件を満たすのは一見難しそうに見えますが、手軽にクリアできる方法があります。

それは「たとえ別の目的があったとしても、一旦は駐車場や資材置き場に転用してしまう」というものです。

長門市でも駐車場や資材置き場は、初期投資にあまりお金がかかりません。

そのため、資金調達の実現性の面は比較的簡単にクリアできるでしょう。

一定期間だけでも車や資材を置いてもらえればいいので、転用後の目的達成もかなり容易です。

ただ

・長門市で駐車場を必要とする人がいるのか

・長門市で資材置き場として使用する人はいるのか

という点は申請の際に追及されるでしょうから、そのあたりの対策は取っておく必要がありますね。

何より最大のメリットは、一旦転用してしまえば、その後の活用方法は自由だということです。

一度転用してしまった長門市の土地はもはや農地ではなく、

その後の土地活用は好きに行うことができます。

さらに言えば、駐車場や資材置き場は、一旦経営したとしても、その後の立ち退きが容易です。

だいたい1~3カ月で立ち退き出来るので、長門市で別の土地活用方法への切り替えを簡単に行うことができます。

ちなみに、仮に農地を転用後に事業に使わず、自宅を建てるという場合も転用申請は必要になります。

その場合も、建築資金が調達可能かをチェックされ、

建築許可を得なければならないなど、厳しい条件があります。

転用を前提に、売却・貸出を行う

転用してもらうことを前提に、第三者に売却・貸出する方法です。

この方法のメリットは、長門市の土地オーナーの手間がかなり減るというところです。

転用後は、買主や借主自身が事業を行うことになります。

そのため、土地オーナーは実際の土地活用について考える必要がなくなります。

また、面倒な転用許可申請も、二者一緒に行うことができます。

ただし、注意点もあります。

それは、借地権が発生する可能性があるということです。

対象の土地に建物が建築された場合、借地権が発生します。

そうなると、もし長門市の土地を返してほしいと思っても、すぐに返してもらえないという事態も考えられるのです。

 

さらに、相続が煩雑になるという問題点もあります。

土地を貸借したまま相続すると、相続人が困りかねません。

事前に今までの流れを説明しておくなどの対策が必要となります。

 

しかし、相続前に売却・貸出を済ませておけば、

相続人が長門市で土地活用に悩む必要が無いというメリットもありますね。

相続人が農家ではなく、長門市の土地を受け継いでも使いみちがないということが予め分かっているならば、

早めに処理してしまったほうがいいでしょう。

③長門市で農地の活用を成功させるカギ

長門市でも農地は、うまく使えばさまざまな土地活用を行うことができます。

ぜひ自分に合った方法を見つけて、有効活用できるようにしたいですよね。

どんな方法が合っているのか分からないときは、プロへの相談がおすすめです。

 

しかし、プロへ相談すると言っても、専門業者はたくさんいます。

どの業者にお願いすればいいのか、迷ってしまいますよね。

 

そんな時助けになってくれるのがWEB上の「一括資料請求サービス」です。

このサービスを使えば、あなたに合った業者を長門市で複数社ピックアップ。

たくさんの資料を一気に取寄せられる、とても便利なサービスです。

 

長門市でも個人で土地活用を進めるのは、かなり難しいものです。

まずは「一括資料請求サービス」を使って情報収集を行い、複数の業者を比較検討してみましょう。

その中から、信頼できそうな業者を見つけ、二人三脚で土地活用を進めていくのが、

長門市で農地の活用を行う上での成功のカギです。

長門市土地活用プラン一括比較

長門市で土地の有効活用を行うのであれば、

1つでも多くの可能性を知って、しっかり検討する事が大事です。

ここで紹介した方法だけが長門市の土地を活かす方法ではないので、

次の様な一括資料請求サイトを利用して、

どのようなプランがあるのか見比べてみるのも勉強になると思います。

HOME4U

⇒土地活用の無料プラン比較【HOME4U】


長門市地価ランキング

長門市の地価が高い土地、上位5エリアを紹介しています。
※平成29年地価公示

順位 所在(住居表示)

最新年価格(円/㎡)
1 山口県 長門市東深川字堤山78番53 21,400
2 山口県 長門市仙崎字南原1031番38 20,900
3 山口県 長門市東深川字中江良上2736番4 22,600
4 山口県 長門市三隅中字西中村1265番 8,000
5 山口県 長門市東深川字榎田1408番6 39,000

-土地活用

Copyright© 不動産売買の匠 , 2018 All Rights Reserved.